六萬こう出るか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見落とし

自分はミスをする人間だから対戦中にミスを連発するのも当然だし、漠然とミスを減らそうと思って打つなんて愚の骨頂だと思ってるけど、単純な見落としはどうにかならないかな~と思ってる今日この頃。

2010041318gm-0061-0000-4f85ff4btw=0ts=5.jpg

体感では50戦ぶりぐらいの断トツでのオーラスだったが、トップ死守率.619の実力を発揮して余裕でまくられた図。
対面が追っかけた時点で当然差込みは意識したし、実際2pあたり刺さんねーかなーとは思ってたんだけど、親に現物で対面に無スジの6mの存在に全く気づかない。結果てきとーにスジを切って親にオリ打ちという最悪の結果に。まぁ差し込み云々はどうでも良くて、単純に親の現物を持ってることに気づかないのは本気でまずい。実際当たるかどうかは別として、リーチに対して必死で安全そうな牌を探してヒーヒー言ってるときにふと手の内に現物があることに気付くという事態はしばしば発生している。

自分にとってわかりづらいと思ってる部分での見落としなら実力不足に起因するミスってことでいいんだけど、この中の牌と同じものが自分の手にあればそれを捨てる、という絵合わせ的な部分での見落としは、なんかがっかりするというか、やるせない気分になるんだよね~。この辺を防ぐためには何をすればいいんだろう?


ところで、最近天鳳Windows版の調子が悪い。突然tenhou.exeは動作を停止しましたとか出て回線切れっぽい状態になるんだけど、これって自分だけ?

不運?必然?

100413tok.png  100319tok.png

特に区切りというわけでもないが今月の統計を貼ってみる。右は比較用の1000戦時点のデータ。

とにかく鳴いた手やダマへの無警戒の放銃が多すぎるということで、守備重視、ラス回避重視への思考転換作業を行った結果、実際放銃率は下がった。反動で和了率も下がったが、そこは当然予想された副作用でありどうでもいい。問題は和了素点、一発放銃率、フーロ時収支等、今回いじってない部分のデータが悪化したこと。

特に2フーロ時のめくりあいは異常に弱い。

2010041220gm-0061-0000-78332c47tw=3ts=0.jpg  牌譜

こんな感じの放銃が多い感じがする。今回意識的に変えたのは面前と聴牌していない1フーロ時の対応であって、アガリを目指す場合の2フーロ後の対応は、これまで数値が出ていたこともあって全くいじっていない。多分聴牌が取れそうな場面の2フーロ目を鳴くかどうかも変わっていない。フーロ平均順目が遅くなったのは終盤ワンチャンスの形テン狙いが増えたせいで、そのぶん確かにフーロ時アガリ率は若干下がるかもしれないが、収支に大きく影響するとは思えない。それから終盤の強さも非常に悪い。ラス回避を強く意識した結果ラス回避率.083っておかしいでしょ。ついでにトップ死守率も酷い。

打ち方を変えた部分は結果が出たのに変えなかった部分が悪化するとか、もうどうしたらいいかわけわかんね。今までの千数百戦が幸運と考えるよりは直近162戦が不運とするほうが合理的、と思いたいんだけどね~。

放銃率100%

2010040918gm-0061-0000-40ce9753tw=0ts=4.jpg

多分現ID初の大三元聴牌。そして余裕で放銃。ツモり四暗刻の時を除くと、現IDでの役満聴牌時放銃率は100%のはず。まぁこの場面はオリてもハネ満振っても3位だから当然押すし放銃でもあー残念で終わりだけど、3900振るとラスとか微妙な状況のときにはやっぱりオリるのが正解なんですかね~。


ところで、気分を変えようと卓画を変更してみたんだけど、やっぱりちょっとやりづらい。麻雀に集中出来てるときはいいんだけど、集中力が切れると一気にあらぬ方向へ思考が飛んじゃう感じ。ちなみに書くまでもないとは思いますが、このキャラクターと自分のHNは1ミリも関係ありませんよ?

なんか不調

不調というかなんというか、萎えて鬼打ちする気になれない展開が続く今日この頃。最近は明らかに以前より最善の一打というものを考えて打つようになったし、相変わらず一定の確率でミスはあるものの、基本的にはその通りに打てている。打てている感触は確かにあるのにガンガンラスを引く。ってことは結局考え方や打ち方が間違ってるということになるんですかね~。

でも今の打ち方は自分の中ではロジカルに試行錯誤してたどり着いたもので、変えるとすれば考える量を減らす(何かを切り捨てる)か、あるいはなんらかの制約を設けるぐらいしか思い浮かばん。もうなんか凝り固まった状態になっちゃったっぽいから、相当思い切った方法を採らないと打開は難しいかもしれんな~。


一応わかっている課題を書いておく

メンタル面?
特にオーラスの配牌を見た時点において、こんなのまくられて2着でいいよとか、これはなんとしてもトップをまくりたいと考え、手が伸びても中抜きで合わせ打ち、他家リーチにめくり合いを挑んで放銃ラスといった場面がときどきある。最近は前の一戦の結果を引きずることはほぼ無くなったが、ある一戦の中ではインターバルが無いため、前局の結果やオーラスに至るまでの流れに結構影響されている部分は確実にある。常に今の場況だけを考えて打つということを徹底していきたい。

アンパイの持ちかた
手が入らないので途中から現物切ってオリてたら2軒リーチが入って手詰まり→初牌の字牌で放銃みたいなことが結構ある。なんも考えずに攻めてたほうがリーチが入ったときに現物を確保できているという場合もあるが、もちろんその場合ダマや鳴き手にフラっと振ることも多い。またアンパイを溜めつつまだ大丈夫だろうと適当に切って手痛い放銃というのもあり、加減が難しい。むしろ自分からアンパイを作り出すような打ち方が必要になるのかもしれない。

なるべく安全な牌を切って攻める
特に鳴いた手においてはスジでどちらを切るか、あるいはイーシャンテンからどちらの余剰牌を残すか等、自分のアガリ率にそれほど関係ない部分での選択が割と多い。まだ巡目も早いしどうせゼンツだからどうでもいいではなく、常に出来る限り安全な牌を探す、というのはまだ身についていないように感じる。ただこれもイーシャンテン時に今の安全と将来の安全のどちらを優先するか、とかいう部分が全くわからん。今安全な牌を切ってリーチに手詰まり、将来のために安全な牌を残してフラっと放銃、どっちも結構ある気がする。

鳴き手に対してこちらの手が整ったときの押し引き
これは前にも書いたが、非常に考慮すべき要素が多く考えれば考えるほどわからなくなるテーマ。もしここが完璧に出来るようになれば上級者を名乗れるのではないかと思う。以前は何も考えずに押してた気がするけど、最近は見えるものが多くなった上にその見えてる要素のほとんどが不安定な勘でしかないため、どうすればいいのかさっぱりわからんのよね。出来れば基準を作りたいんだけど、勘に頼った基準がどれほどあてになるかもわからないし、それ以前に基準を作れたとしても要素が多すぎて実用的にはならない気がするんだよね…。

切る前に熟考する
まぁとにかく行き着く先はこれだわな。最近はようやく鳴き手に対してどの辺が危ないというのが感覚として身についてきたが、切った瞬間しまった!ヌルい!と思うことがかなり多い(1戦につき平均2~3回ぐらい)。これは単純に以前と同じレベルまで考えたところで切ってるから起こる現象なので、しっかりと一段深いところまで考えてから切れるようになれば多少は放銃を減らせるのではないかと思う。もちろん上記の各課題もまずこの部分が出来ないことには克服は難しい。ただこれも無意識にパターン化された思考過程を作り直すことになるので、当然ながら簡単にはいかないんだよね。一応対処法はわかってるんだけど…。

一色四歩高

綺麗な形の平和をアガったので記録しておく。


2010040514gm-0061-0000-ceb2adectw=3ts=1.jpg  牌譜 

なんかこんな役が中麻にあった気がしたので調べてみたら、順子が同色で123 345 567 789の形になっている役は一色四歩高というらしい。中麻だと32点役で、清一色より上で混老頭、三槓子と同じぐらいの位置、ってことは倍満ぐらいもらえてもいいんじゃね?

まともに打てない

一昨日のミスの流れをひきずり昨日もボロボロ。理由は不明だが全く打ててない。


2010040410gm-0061-0000-347254b0tw=3ts=3.jpg

1戦目オーラスの配牌。とりあえず全力で白のみを目指す場面。南が重なるとうれしいんだけど…。


2010040410gm-0061-0000-347254b0tw=3ts=3a.jpg

と思いつつ1打目でドラの南切り。以後よくある役牌バックの仕掛けから僥倖の白ツモ。普段なら4p切りで手広く構えて2000点を拾いに行く場面。このぐらいなら誰から2000点アガってもラス回避はかなり有利になるはず。が、この記事でトイトイが少ないと書いたせいか、たまには狙ってみるか~と思ったらしく普段の自分じゃ考えられない4s切り。


2010040410gm-0061-0000-347254b0tw=3ts=3b.jpg

何故ツモったしwww


そして次戦は飛んでラス。競ってのラスだとまだ打てると勘違いしてずるずる行く可能性があったので、打ちやめる理由になるこのトビはむしろ好都合。不調の日を-20ptで乗り切ったのは大きいと考えるべきでしょうね。

席順ラス

2010040311gm-0061-0000-7b0c04f4tw=3ts=7.jpg  2010040311gm-0061-0000-7b0c04f4tw=3ts=7a.jpg

これまで経験した中でも最も悔しい部類に入るラス。まだ上家のツモならツイてねーで終わるんだけど、わざわざドラも増やしてやったのに1000点とか、ちょっとこのラスりかたは堪えますねぇ。最善の一打を繰り出した下家を称えるべきなのか…。

そして次戦はこうなった。

2010040311gm-0061-0000-8ebe1f32tw=1ts=3.jpg  2010040311gm-0061-0000-8ebe1f32tw=1ts=3a.jpg

ぴゆわん♪となった瞬間血の気が引きかけたが結果は最小失点で席順2着。まぁこういうこともあると。

昨日は14戦打って1-6-5-2。相変わらずの非トップラス麻雀。久々に遅い時間(といっても21時台だが)に打ったせいもあってミスも目立った気がする。

2010040321gm-0061-0000-835a7462tw=2ts=4.jpg

代表的なミスがこの1mチー。普段じゃまず考えられない超凡ミス。昨日は当然この一戦で打ちやめた。ちなみにこの局はどうなったかというと…


2010040321gm-0061-0000-835a7462tw=2ts=4a.jpg

自分がチーしなければ下家と対面がツモ切りしてたはずの1sが上家に流れ、直後の北でツモ。何度も書いてるけど、本当にこのゲームは何があるかわからんわ。

非トップラス麻雀

100403tok.png

4月に入って40戦分の解析データ。トップ率2割でも安定段は10.8もあるらしい。空気プレイでラス回避だけ出来てれば天鳳的には絶好調ということか。

このデータで目に付くのは40戦とはいえリーチ時好形率.767&愚形聴牌時リーチ率.286という部分。月ごとのデータを見ても3月まで0.598→0.617→0.627と徐々に好形率が上がってる。なんか最近はめくりあいが怖くて愚形でリーチ掛ける気にならないんだよね。このあたりはラス回避にどう影響してくるのか気になるところ。

ところで、昨日打ってて気になった場面がこれ。

2010040216gm-0061-0000-0c267019tw=1ts=5.jpg  牌譜

ピンズは特に対面には危険というのがわかっていながら一通目と良形受け入れの多さに目がくらんでダブロン放銃。結局この一戦はラス。トップ目だから降りるべきだったのかねぇ。

アガリ役の傾向

自分の先月のアガリ役の傾向を天鳳の役統計と比べてみる。

100402yak.jpg

まずリーチが少なく、それに伴い一発、裏ドラ等も当然平均以下。これは別にどうでもいい。
タンヤオは平均程度。ツモ、平和は結構少ない。リーチ時平和複合率はそれほど低くないため、ピンフのみのダマで流す等が出来てないのかな?まぁ平和/リーチで見るとこの辺は誤差の範囲とも言えそうだけど。ツモが少ないのは単純に鳴きすぎてるせいでしょう。

役牌はやや多いか。これはバックの仕掛けや染めを狙ってるうちに重なることが多いためだと思われる。

染め手は普通に多い。特に清一色は多すぎ。清一色が三色と同じとか役を覚えたての初心者かよって感じですね。ただこれは相手が色絞りをしないからアガれてるって部分が大きい気がする。役統計で見ても上→特上→鳳凰で
混一色 6.04%→4.93%→3.85%
清一色 0.84%→0.61%→0.47%
と明らかに上にいくほど減っているが、これは絞りの影響が大きいと思う。実際上家が四段と六段だと染めやすさが違う感じだもんな~。

三色と一通は自分の数値では同じだけど、平均と比べると三色はかなり少なく一通は多い。この両者の差が2.5倍程度というのは自分にはちょっと信じられないんだよね~。9枚使うのは同じだし、仕掛けやすさだとどっちもそんなに変わらないと思う。ただ三色はこれだけ平均より低いのはもっと狙うべき場面があるということなので、意識を高めたほうがいい気はする。あとこの2役は自分の平均ハンが低い。つまり面前の割合が少ない。自分の場合1面子2ターツ揃った時点でどこからでも鳴いちゃうけど、本当はもっとじっくりいくべきなんでしょうね。この辺の見極めみたいなのもいずれは身に着けたい。

トイトイはあんまり好きじゃないので低いのも納得。なんか最後のシャボ待ちが猛烈にアガリにくいイメージがあるんだよね。自分の中では役牌バックのシャボ待ちよりアガれない気がする。特に役がらみトイトイのアガリにくさは異常。例えばこんな感じ

2010033116gm-0061-0000-c83983fctw=2ts=3.jpg


でも逆に単騎待ちのときは相当アガれる気がする。なんでか知らんけど。例えばこんなのとか

2010033109gm-0061-0000-0b7a9f3ftw=3ts=4.jpg

そういえば前に三倍満アガったのも白単騎のトイトイでしたな~。

チートイは低めだけどこんなもんだと思う。チャンタが多いのはたまたま。まぁこの辺まででしょう。

天鳳の特東といえばとにかく鳴き重視のイメージがあったけど、こう見ると割と面前派が多い印象ですね。まぁ結局自分が鳴きすぎてるっていう結論になると。面前の手組みももっと勉強したほうがいいんですかねぇ。

前代未聞崩れ

100401tok.png

3月の解析データ。この記事で食い仕掛けでは無理にスピードアップを目指さないと書いた割には1フーロ、2フーロ率とも高い。でも特に2フーロ時の和了率等は結構いい値が出てるので、別に無理鳴きが多いというわけではなさそう。まぁこの辺は単に運が良かっただけのような気もしますが、2フーロ率が高く2フーロ時和了率も高ければ、当然和了時2フーロ率も高くなるんじゃないかって話になるわけですよ。

んで一昨日の時点では和了時2フーロ率>和了時リーチ率になっててこれって前代未聞なんじゃね?と書こうとしてたんだけど昨日は何故かリーチ寄りの展開が多くて残念ながら逆転。ついでにいろいろ調べたらあのペチョーリンさんのデータで和了時2フーロ率>和了時リーチ率を見つけちゃったので、それほどレアなわけでもない気がしてきた今日この頃。

でもなかなか真似できる数字じゃないよね?そもそも普通はもっとリーチでアガれてるもんな~。

染め手に救われる?

2010033010gm-0061-0000-2152a284tw=2ts=4.jpg

前局親に振ってラス目で向かえたオーラス1本場にこんな配牌が来る。



2010033010gm-0061-0000-2152a284tw=2ts=4a.jpg

当然のようにこうなる。前もどこかで書いたけど、結構オーラスこんな感じでまくったりすることが多い気がする。本当に苦しい場面で染め手には何度もお世話になってる気がします。



自分は鳴きに関してはそこそこ自信もあるので、割と遠いところから強引に狙うことも多いです。例えばこんな仕掛け。

2010033015gm-0061-0000-8fa624fctw=0ts=4b.jpg

こんなのも日常茶飯事なわけです。自分の感覚だと無理気味に染めても3分の1は確実にアガれる。それに割と字牌持ってることも多いんで下手なクイタンなんかよりオリやすいというのもある。とにかく染め手は扱いやすくて好きなんで、これからもガンガン狙っていくことになりそうだな~。


ちなみにこの局はどうなったかというと…












2010033015gm-0061-0000-8fa624fctw=0ts=4.jpg


……。まぁ運でラスからトップになれるときもあればその逆もあるということなのかな…。ってか仕掛けうんぬんはおいといて、あの捨て牌に対して9pを止められる人がいるのか気になるわ。

最近の牌譜からいくつか

まずはこれを見てほしい。

http://tenhou.net/0/?log=2010032915gm-0061-0000-de8f0f90&tw=0

南入していない普通の東風戦です。なんとか運で2位をもぎとったもののこの一戦だけで疲労困憊。勝負が長引くときってなんでこんなに疲れるんだろ。



2010032820gm-0061-0000-61d4a5bbtw=3ts=3.jpg

別の一戦。トップ目のラス親。1sがフリテンなのでとりあえず出アガリできる6s単騎に受ける。


2010032820gm-0061-0000-61d4a5bbtw=3ts=3a.jpg

直後に8mを2連続ツモ。思いっきり裏目る。



2010032820gm-0061-0000-61d4a5bbtw=3ts=3b.jpg

なぜツモれるしwwwww
ツキが来てるときは何やっても勝てる。これが麻雀なり。



2010032820gm-0061-0000-44335f3ftw=1ts=0a.jpg

また別の一戦。えーっと一通のときはその色が出れば確実に乗るぶん裏ドラ抽選がいつもより楽しいみたいなことを伝えようとしたけどなんか伝わりそうにないね。まぁリーチして一通アガれること自体が結構なレアケースだったりするわけですが。



2010032919gm-0061-0000-3eae79b9tw=3ts=6.jpg

またまた(ry 2着目とはいえ下とは非常に詰まっており誰にツモられてもほぼラスという厳しい状況にこの配牌。あなたならどうする?





2010032919gm-0061-0000-3eae79b9tw=3ts=6a.jpg

鉄板特上民に向けて

まずメンタル面。最近はミスを連発しての連ラスも確率の範囲内で当然起こりうるというスタンスなので、ミスやラスを次に引きずるようなことは無くなって来ている。浮かれ打ちと、断トツ、断ラス時に打ち方が雑にならないように注意するぐらいか。

データから見える部分はこの前やったので省略。

んでとりあえず今後に向けてだけど、まず降段という打ってつけの機会を得たので、戦術サイトを徹底的に読み直す等で基本の確認を図りたい。4445679の9は8が来ても2面子1雀頭になるので割と残すとか、こういう基本的な部分でもまだまだ見落しも多いので、成績が向上する余地は十分にあるはず。これと関連して小技も覚えていきたい。小技が役に立つのはせいぜい1000局に1局あるかないかで、そのうち順位に直接結びつくのは10回に1回ぐらいかもしれないが、自分が知らないものはまだまだ多いと思うので複数身に着ければ影響は結構出ると思う。

そして以前から再三問題になっている対ダマ、鳴き手に対する守備。これは相変わらずまったくわからん。わかってるのは明確な基準を設けて対応したほうがいいということぐらいか。例えば8巡目ぐらいに親の捨て牌がかなり怪しいと思ったとき、ダマで張ってるリスクを無視して危険牌を切って自分の手を進めるのか、より危険になったときにアンパイが尽きてるリスクを無視して中抜きでベタオリするのか、はたまたアンパイを持ちつつそこそこ安全そうな牌を切っていくのか。また自分の手がどのくらいなら危険牌を引いたときに押せるのか。例えば役無しで良形受け入れ8種のイーシャンテンならどうか。もしドラが1枚あったら?ドラドラならどうなのか。この辺を感覚ではなくきちんと計算して答えを求めていくことが必要だと思われる。

ただ努力が苦手な人間としてはそろそろ限界が見えてきた感じ。脳内を麻雀に最適化出来ればいいんだけどね~。

久々の五段原点復帰

tenhou_prof_20100327.jpg

と、いうわけで降段しますた。原点復帰と書きつつ原点割ってるのは降段後の初戦でオーラスラス目に満貫ツモられてあっさりラスったからです。降段自体は当然予想していたので特にショックとかは無いけど、六段在位286戦、期間中安定段4.27、期間中解析と昇降段シミュレーターはこんな感じ↓

100327tok.png  100327sim.jpg


というのはさすがにちょっと問題ですよね。局あたり全収支が-100弱とか勝てるわけないじゃんっていう。このままだと普通に特上チャオが見えるので、なんとか打ち方を変えなきゃとは思ってるんだけど…。

めくりあいはデスティニー

なんか最近印象的なめくりあいがやたら多いのでまとめて載せてみる。


2010032518gm-0061-0000-b784d8e8tw=2ts=6.jpg

自分が体験した中でも1位2位を争うほど綺麗な聴牌。なんとなく3色確定の北単騎に受ける。誰かが抑えてるかもしれんがまぁそのうち出るでしょ。


2010032518gm-0061-0000-b784d8e8tw=2ts=6a.jpg

上家からリーチが掛かる。一発目で引いてきたのは1枚切れの發。


2010032518gm-0061-0000-b784d8e8tw=2ts=6b.jpg

当然のように当たるw 北が山に全生きというのもお約束か。




2010032607gm-0061-0000-38abcb55tw=0ts=0.jpg

親の役無し両面。7sが3枚切れておりリーチするかどうか微妙。ただし、これは天鳳。天鳳といえば、そう、掴ませシステム。自分の経験からすると親から追っかけが入った場合先行リーチ者がドラをつかむ確率は120%。よってここは鉄リー!!!


2010032607gm-0061-0000-38abcb55tw=0ts=0a.jpg

システム乙。ってか本当に下家が4sつかみそうだと思って曲げたんだけど、こういう判断は長期的には絶対良くないよね…。ちなみにあの場面で聴牌しなければ南で痛恨のオリ打ちをしていた可能性が極めて高いですな。




2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3.jpg

完全に空気で迎えたオーラス。親の2000オールで席順ラスという苦しい局面。配牌は赤2枚でドラ引きにも対応できるが、仕掛けどころが難しくアガリは遠い。


2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3a.jpg

苦しい仕掛けからダブドラの5pも引きなんとかイーシャンテンまで漕ぎ着けたところで非情の親リー。


2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3b.jpg

しかし次巡、僥倖の2pツモ。当然4s切って全ツ。


2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3c.jpg

まぁたまにはこんなラッキーなトップがあってもいいでしょ。なんか自分の場合苦しい場面からの総まくりってリーチじゃなくて仕掛けた手のことが多い気がする。



2010032513gm-0061-0000-2870cb16tw=3ts=4.jpg

こちらはめくりあいを避けた場面だけど、さすがにこのオリは弱気すぎた。オリても2位が確保できそうだったり、満貫振るとラス、あるいは平場ならアンパイの数と相談して微妙な場面だけど、これは鉄押しだったわ。対面が数巡後西切り。この一戦は3着でした。




2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=0.jpg

2軒リーチが入った同順に聴牌。打点的にリーチしてもよさそうだけど、なんとなくダマに受ける。


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=0a.jpg

同巡に下家もリーチ。自分が引いたのはドラ8s。こんなんで当たったら目も当てられないので当然オリ。


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=0b.jpg

最後の9sは結構怪しかったけど、当たり牌を止めて聴牌崩してオリきるのって快感だったりする。まぁあそこでリーチしてりゃ四人リーチで出費は抑えられたんだけど、そんなことは割とどうでもいい。ただリーチしないならあの時点でオリに回るべきだったかもしれない。


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=4.jpg

上のと同じ一戦。カンドラモロ乗りで親っパネ確定手に対して下家がリーチ。このめくりあいは燃えるw


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=4a.jpg

と思ったらあっさりツモ。ドラドラとはいえカンチャン待ちで向かってくる辺りが五段とか思うけど、オーラスではあっさりまくられたのでした。

わからないもんはわからん

相変わらず放銃がどうしても減らないということで、自分がどのような場面で放銃しているのか、例の記事以降の226戦での放銃を全て見直し、自分なりに分析してみようとした。とりあえず放銃を5段階評価した表を貼ってみる。


鉄放銃 まぁ当たる 微妙 超微妙 明確なミス 合計
リーチ 23 4 1 0 1 29
2フーロ以上 11 13 1 2 2 29
1フーロ 9 17 4 5 2 37
面前テンパイ 4 3 2 4 1 14
面前ノーテン 9 28 19 10 4 70
合計 56 65 27 21 10 179
4.3% 5.0% 2.1% 1.6% 0.8% 13.8%



鉄放銃は先制リーチ後の放銃、仮に対リーチであっても攻められる聴牌、イーシャンテンからの放銃、及び狙っての差込み。ここは自分の麻雀観や既存のセオリーが大きく変わらない限り避けられない放銃と見ていい。

まぁ当たるは警戒しずらい序巡のダマや1フーロ、ラス目からの仕方ない押し、最も安全そうな牌での降り打ち等。本当に巧い人なら避けられるかもしれないけど、自分が回避するのはほとんど無理っぽい。よって今回は無視。

ちょっと飛んで明確なミスでの放銃。ここも割とどうでもいい。リアルでも水を入れずに米だけ入れて炊飯器のスイッチを押すミスがこの前あったけど、こういう普段何気なく出来ている部分で起きるうっかりミスを完璧に避けるのは非常に難しい。よって無視でいい。ここまでの率にして10.1%の放銃は今の自分には避けられないものなので、とりあえず今回は考えないことにする。

問題は残りの微妙、あるいは超微妙な場面での放銃。ここは自分で明確な結論が出ていない。特に以前からの課題である中巡以降聴牌していない状態からの放銃への対処方法は実際に牌譜を見てもよくわからない。サブが特上で打てれば10巡目以降は全員3900聴牌として対応する実験とかも出来るがあまり現実的ではない。結局ここの放銃を防ぐにも勘を磨くとかの方法しかないんだろうか。6時間ぐらい掛けて牌譜見直した割にこの結論って…。

今月の分析

1000戦解析の記事の続きです。

えー、まず目に付くのは和了の少なさと和了素点の低さ。この2つは親和了.223という値で説明がつきます。
前回時727戦と今月273戦を比べると

親リーチ 727戦 .213 273戦 .133
親アガリ 727戦 .254 273戦 .213

子リーチ 727戦 .161 273戦 .159
子アガリ 727戦 .230 273戦 .226

若干オリ優先に変えたためリーチ率が多少下がるのはやむをえないわけですが、さすがにこの親リー率の爆下げはおかしい。相変わらず中巡カンチャンのみ手曲げが日常茶飯事にも関わらず.133ですよ。親のときの他の値を見ても、和了時ダマ率.080→.091、まぁ若干ダマで討ち取る傾向は見られるものの、リーチ率が大きく下がった理由としては弱い。そして子のときのリーチ率は大差ない。ということは、特に打ち方が変わったわけではなく、この273戦ひたすら親で手が入らなかった、そのせいで親のリーチ率、アガリ率が減り、結果トップがとれなかった…、と考えてもいいんじゃないかと思う。この辺はまだ結論が出そうも無いので、次の節目の解析まで様子見でもまぁいいのではないかと。

その他、放銃素点は100点ぐらい下がった。もちろんまだ高いけど、一応染め手への放銃は.089→.019と大幅に下がったので、ひとまず課題達成と見ていいかな。

放銃率が高すぎる件についてはまた次回。

追記 
好形テンパイ時リーチ率 727戦 .797 273戦 .788
愚形テンパイ時リーチ率 727戦 .568 273戦 .391
リーチ時好形率 727戦 .586 273戦 .542

愚形テンパイ時リーチ率が同じ水準ならリーチ率.160ぐらいにはなっていたかな?でもそれだと好形率は4割台確定か。まぁ手が入らなかったという結論は変わらないんじゃないかと。

久々の何切る?の結果

だいぶ時間が経ってしまいましたがこの記事の結果を一応書いておきます。


2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5a.jpg

1巡目に北を鳴いた場面。この時点で既にチャンタ本線。最終的にはドラ待ち裸単騎も考えていた。

そして問題の局面。
2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5.jpg


親が5mを切ったので36-47mが本命と考えていた。この場面で4mは少なくとも3割はあたると思う。ラス回避なら当然降りかもしれないが…、

2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5d.jpg

つい高まってw押してみた。さすがに自分の狙い通りにテンパって降りる気にはなれんね。


2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5c.jpg

結果は4mを対面が食い、続いて上家が切った7pも鳴いて1mが飛び出た。無事トップまくりましたわ。(*`ω´*)ドヤッ

pt効率的には間違ってるかもしれないけど、こういうのがアガれると快感を味わえるし、ネタ的にもおいしいんで押す価値はあるんじゃねぇの?というお話でした。

1.5倍のばらつき

せっかくなのでシミュレーターで遊んでみる。


100320sim1.jpg

上の結果によると、一応安定五段の実力でも1000戦も打てば2%ぐらいは確変で鳳凰までいけるらしい。対して特上チャオの確率は3%程度。さて、これがpt変動1.5倍の東南だとどうなるのってのが今回のテーマ。では早速結果を。


100320sim2.jpg

1.5倍どころではなく、七段昇段率は東風の3倍超。16人に1人ぐらいはただ打つだけで鳳凰まで行けそう、ということになります。ただ同じ試合数だと時間的には東南のほうが明らかに掛かるわけで、そりゃ確率も高くなって当然という感じもします。

ということで、半分の500戦ならどうか、というのが下の結果。

100320sim3.jpg

これでも東風1000戦の2倍ぐらいの値が出ています。たかが変動幅1.5倍とはいえ侮れません。

ついでに鳳凰卓でも同じように出してみました。


100320sim4.jpg  100320sim5.jpg  100320sim6.jpg  

確変だけで安定段より2つ上の段位を目指すなら、東南のほうが明らかに有利と言えそうです。鳳凰卓で東南支持者が増えたのも、もしかしたらこの辺に理由の一端があるのかもしれませんね。

特東1000戦

節目ということで解析結果を貼っておきます。

100319tok.png 100320tok.png

左が1000戦、右が復帰後273戦です。過去のデータはこちら


詳しい分析は後日に回すとして、あっさり降段すると仮定してこの記事の場面以降の成績でシミュレーションしてみた結果を貼ってみる。

100319sim.jpg



三段降段率21%。六段昇段後、ラス回避を強く意識しだしてからはこのまま打ち続ければ鉄板特上民になれると確信していたんだけど、ちょっと雲行きが怪しくなってまいりました。打ち方を意識的に変えないといけないみたいだな~。

幸先は良かったが

登録してもらって最初の一戦。
2010031714gm-0061-0000-efb8cb12tw=2ts=0.jpg

東パツから何かのごほうびのようなアガリ。


2010031714gm-0061-0000-efb8cb12tw=2ts=5.jpg

しかしオーラスであっさりまくられトップは取れず。


2010031714gm-0061-0000-efb8cb12tw=2ts=3.jpg  牌譜

その前、東三局のこの放銃がヌルすぎましたな。降りたい、ソウズは切られてないから危ない、マンズはドラ絡みが怖くて切れない、じゃぁピンズ切ろうでズドン。ラス回避意識しだしてからこういう中途半端な放銃が急増してる件。押す場面が減って放銃率は横ばいじゃそりゃ成績は上がらんわな~。



別の一戦

2010031411gm-0061-0000-70155aa9tw=0ts=3.jpg  牌譜

まくりが確定しているほうに受けるという基本に則って8s切りにしたけど、これはどう見ても2s切りでしたな。枚数と出やすさにかなりの差があるし、まくれないのは上家からの出アガリで一発、裏が乗らなかったときだけ。両面の確定形に受けないほうが明らかに勝っているという場合もあるのね。こういうミスはきちんと次に活かしたいものです。

公開しますた

と、いうことで昇降段シミュレーターお試し版、意外と早く完成したので公開しました。こんな簡単に出来るなんて思って無かったわ。天鳳の段位制度が割と単純ってことなのかもしれん。ただこのシミュレーターはまだ結構怪しい部分も多いです。

100317sim1.jpg   100317sim2.jpg

これは自分のデータを入れたものですが、一旦降段したほうが七段に近い?本当に?計算があってるかどうかのさらなる検証が必要なような…。

もしシミュレーターの結果で明らかに不自然な数値が出た場合にはコメントしてもらえるとありがたいです。

昇降段シミュレーター





警告:お使いのパソコンに著しい負荷が掛かる場合があります。天鳳プレイ中にシミュレーターを動かして回線切れ等の障害が発生しても、当ブログは一切責任を負いません。


使い方等

現在の段位、ptからn試合後の昇段率、降段率を算出します。まずそれぞれのデータを半角数字で入力してください。
試行試合数は何戦後の確率を求めるか、という意味です。まだお試し版なので1000以上の数字を入れた場合、自動的に1000試合後として計算します。1位率~4位率は順位率、試合数のどちらにも対応していますが、順位率の場合整数(.250なら250)で入れたほうがなんとなく誤作動が少ない気がします。

数字を入れ終わったら特上/鳳凰、東風/東南を選択してスタートを押してください。

1万回ぐらい試行すればそこそこ信頼できる値が出ると思います。なお、結果はあくまでn戦後までの昇段率、降段率であり、n戦後の段位を示しているわけではないので注意してください。

月刊ネットなんとか

1日0.5hitの生活にもそろそろ飽きてきたんで思い切って登録申請したのが数日前。全然反応が無いんですが、これって雑魚は相手にしないってこと?音無さんのブログは更新されてるし、時間が無いってことはないよね?やっぱ世の中コネってことになるのか…。一応届いていない可能性もあるので今日また送ってみたけどどうなることやら。



ところで、昨日からスランプ気味だわ。
100314tok.png

一応昨日のデータね。数字は悪くないんだけど、-220ptで済んだのが奇跡と思えるほどのダメっぷりだった。なんか点差はわかってるし今取るべき手段も頭にはあるんだけど、他家のリーチとか自分のツモに全然対応できない。やることがわかってるはずなのに何故か中途半端に打ってしまう。2フーロイーシャンテンで攻めたい場面から普通にペンチャン落として次巡思いっきり裏目の3mツモとかどんだけ打ち方崩れてんのよ。そろそろ五段が見えてきたかな~。

六段の目線

まだ復帰して10日あまり、200戦しか打ってない状況だけど、以前とはだいぶ考え方が違ってきた気がする。
まず大きいのは自分の打ち方に自信が持てるようになったってことかな。とりあえず今の打ち方を続ければ特上からチャオることはまず無い、と思う。ちょっとやそっとの地獄でも五段500ptぐらいでは耐えられる気がしなくも無い。相変わらずふらふらしてはいるけど、完成に近づいてるのは間違いないはず。

んでその打ち方だけど、今までとの違いは東パツからラス回避だけを考えて打つようになったことですかね。前とは東三局までの点差の意識が明らかに変わった。ただこの辺りは成績にかなり直結しそうに思えるんだけど、相変わらずラス率は.240前後でいまにも降段しそうな勢いなのよね~。ラス回避を意識してトップが取れなくなるのはよく聞く話だけど、それでラスが増えるってことも普通にありえるんだろうか。まぁでも納得して打ててるから問題はないと思いたい。

そしてついでに、というかこっちが本題なんだけど、最近まわりがみんな雑魚に見えるんだよね。主に四~五段、特に四段R1800台は鉄雑魚に見えてしまう。そんな位置から攻めるとか無茶すぎるwwwww四段wwwうはwwwwうぇっとか思いつつオーラスでツモられてこっちがラス引いたりする。これが六段R2000↑だとやっぱオリですよね~wとか思うことが多い。いつの間にか鉄板特上民の打ち筋が身についてたってことでいいのかな~。

久々の何切る?

2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5.jpg

押すべきか引くべきか、それが問題だ。もし見てくれてる人がいたら、意見をもらえると自分は喜びますw
まぁでもそもそもこんなアグレッシブな仕掛けをする人はあんまりいないかな…。

最近の牌譜からいくつか

2010030907gm-0061-0000-83fe2d35tw=2ts=2.jpg

何気ない局面。この対面の4pで下家がロン。これでラス目の親で東3か~。次アガらないと厳しいな~とか思ってたら…




2010030907gm-0061-0000-83fe2d35tw=2ts=2v.jpg  牌譜

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三  
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



天鳳で見たのは多分初めて。うちの親が昔AI麻雀でアガってたのを見た以来かな?下家のご冥f(ry
ってかこのテンプレートAAズレすぎ…。






2010030914gm-0061-0000-bc4e33b0tw=1ts=4.jpg   2010030914gm-0061-0000-bc4e33b0tw=1ts=4a.jpg  牌譜

別の一戦。対面の親がいやらしいため、とにかく下家にアシストしようと危険牌を切りまくり、無事差し込みに成功した場面。満貫振っても大丈夫なことは計算したつもりでも、やっぱりドラアンコがあるとビビるw




2010031011gm-0061-0000-1607bf8etw=0ts=8.jpg  牌譜

また別の一戦。特上では多分初めてのラス確。対面からの直撃が不可能になったからまぁいいかと思ってアガっちゃったけど、この点差なら親もテンパってて流局続行も無いとも言い切れないか。相変わらずヌルい。しっかしこういうときだけ裏乗るんだもんな~。

トップ目の親の押し引き?

2010030816gm-0061-0000-6ed51ff0tw=2ts=3.jpg

そろそろ4m危なくなると思って切ったらダマ満貫に刺さる。守備を意識しても放銃率が下がらないのはこういうのが影響しているはず。東ポン、6mチーで高め満貫しか見えてないからこうなる。そもそも昨日の考えからすればこんなのベタ降りでいい気もするんだよな~。まぁ4m切りは悪手としてもここで攻めるかどうかは結構微妙ですかね。


昨日はこんな感じの冴えない展開の連続にひたすら耐えてた印象だったんだけど

100309tok.png

なんか普通に大勝ちだったw さすがにこんだけリーチでアガってたら勝てるわなそりゃ。

親不孝

2010030518gm-0061-0000-322d0bf1tw=3ts=5.jpg  牌譜


さすがにこれは順位こそ変わらないものの次局ラス目の満貫ツモ、横に倍満放銃でも耐えられるし上位がかなり狙えるためアガる。でもこれがドラが無いのみ手だったら、というかそもそもこういう場面でのみ手は狙う意味無いと最近は思うようになった。

親のときは安手でいいからとにかくアガって連荘するって考え方があって、自分も天鳳を始めた頃はそう思ってたんだけど、そんなに親のアガリに価値があると思えなくなってきたんだよね~。そもそも子の安アガリは点数よりも局を進めることの有利さが大きいわけで、アガっても局を進められない親が安手を狙う意味がどれほどあるのか結構疑問なのよね。この辺突き詰めれば結構成績につながりそうなんだけどな~。

復帰100戦

tenhou_prof_20100307.jpg  100307tok.png

ラス回避のつもりが3位回避になってた件。おかげで当然ながらpt、Rとも激減。つい2日前はあんなに浮かれてたのにね~。

解析を見てみるととにかく放銃率が高いですね。なんか割と降り打ちが多い気がするんだよな~。スジやワンチャンスでリーチに放銃したのが昨日今日で10回ぐらいはあるはず。やっぱり常にアンパイを持つように意識すべきか。まぁ打ち方を見直すのは四段に落ちてからでも十分だとは思ってるんだけどね。その他の数値は特に問題なし。本格的な分析には500戦は無いとね。


昨日の牌譜から

2010030615gm-0061-0000-7974e112tw=0ts=4.jpg

これアガった局面でENDが出て普通に驚いたわw
ツモ2符+北アンコ8符+役牌アタマ2符で切り上げ40符。ツモだから2600じゃなくて2700。そして一本場を加えて3000点か。打ってる最中に気づけるようにならなきゃな~。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。