六萬こう出るか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタ的ラス回避

2010041411gm-0061-0000-1cad2d21tw=0ts=2.jpg

最近一発放銃が多くなっているのはこういう放銃のせい。本当にこういうのが多いんですよ。親リーと同順にピンフドラ1聴牌、切るのは3枚持ちのスジ牌、待ちは親の現物。ダマのほうが良かったかもしれないけど、この場面で降りる選択肢はちょっと自分には思い浮かばなかった。


2010041411gm-0061-0000-1cad2d21tw=0ts=5a.jpg

そしてラス目で向かえたオーラス。この9pをポン。チートイで裏に賭けるよりはなんとなく仕掛けたほうがいいと思ってた。是非はよくわからん。


2010041411gm-0061-0000-1cad2d21tw=0ts=5b.jpg

続いて1sもポン。これを鳴いた後はミスったかなーと思ったが、四段の下家がうっかり中を捨てる確率はそんなに低くないと自分に言い聞かせつつ祈る。


2010041411gm-0061-0000-1cad2d21tw=0ts=5c.jpg

親からリーチ棒が出た直後に中ツモ。咄嗟のことで全く計算が出来なかったが、ええいラス確上等!と開き直りアガることに。


2010041411gm-0061-0000-1cad2d21tw=0ts=5d.jpg  牌譜

結果いろいろあってラス回避成功。正直10000点差をカンのない3ハンのツモあがりで逆転できるイメージは全くなかった。その局で出たリーチ棒とツモった場合の符ハネは普通に見落としやすい(前回で言えば自分にとってわかりづらい)部分なので、もっと意識を高めないとな~とは思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kfz7m.blog111.fc2.com/tb.php/138-7c8c6e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。