六萬こう出るか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか不調

不調というかなんというか、萎えて鬼打ちする気になれない展開が続く今日この頃。最近は明らかに以前より最善の一打というものを考えて打つようになったし、相変わらず一定の確率でミスはあるものの、基本的にはその通りに打てている。打てている感触は確かにあるのにガンガンラスを引く。ってことは結局考え方や打ち方が間違ってるということになるんですかね~。

でも今の打ち方は自分の中ではロジカルに試行錯誤してたどり着いたもので、変えるとすれば考える量を減らす(何かを切り捨てる)か、あるいはなんらかの制約を設けるぐらいしか思い浮かばん。もうなんか凝り固まった状態になっちゃったっぽいから、相当思い切った方法を採らないと打開は難しいかもしれんな~。


一応わかっている課題を書いておく

メンタル面?
特にオーラスの配牌を見た時点において、こんなのまくられて2着でいいよとか、これはなんとしてもトップをまくりたいと考え、手が伸びても中抜きで合わせ打ち、他家リーチにめくり合いを挑んで放銃ラスといった場面がときどきある。最近は前の一戦の結果を引きずることはほぼ無くなったが、ある一戦の中ではインターバルが無いため、前局の結果やオーラスに至るまでの流れに結構影響されている部分は確実にある。常に今の場況だけを考えて打つということを徹底していきたい。

アンパイの持ちかた
手が入らないので途中から現物切ってオリてたら2軒リーチが入って手詰まり→初牌の字牌で放銃みたいなことが結構ある。なんも考えずに攻めてたほうがリーチが入ったときに現物を確保できているという場合もあるが、もちろんその場合ダマや鳴き手にフラっと振ることも多い。またアンパイを溜めつつまだ大丈夫だろうと適当に切って手痛い放銃というのもあり、加減が難しい。むしろ自分からアンパイを作り出すような打ち方が必要になるのかもしれない。

なるべく安全な牌を切って攻める
特に鳴いた手においてはスジでどちらを切るか、あるいはイーシャンテンからどちらの余剰牌を残すか等、自分のアガリ率にそれほど関係ない部分での選択が割と多い。まだ巡目も早いしどうせゼンツだからどうでもいいではなく、常に出来る限り安全な牌を探す、というのはまだ身についていないように感じる。ただこれもイーシャンテン時に今の安全と将来の安全のどちらを優先するか、とかいう部分が全くわからん。今安全な牌を切ってリーチに手詰まり、将来のために安全な牌を残してフラっと放銃、どっちも結構ある気がする。

鳴き手に対してこちらの手が整ったときの押し引き
これは前にも書いたが、非常に考慮すべき要素が多く考えれば考えるほどわからなくなるテーマ。もしここが完璧に出来るようになれば上級者を名乗れるのではないかと思う。以前は何も考えずに押してた気がするけど、最近は見えるものが多くなった上にその見えてる要素のほとんどが不安定な勘でしかないため、どうすればいいのかさっぱりわからんのよね。出来れば基準を作りたいんだけど、勘に頼った基準がどれほどあてになるかもわからないし、それ以前に基準を作れたとしても要素が多すぎて実用的にはならない気がするんだよね…。

切る前に熟考する
まぁとにかく行き着く先はこれだわな。最近はようやく鳴き手に対してどの辺が危ないというのが感覚として身についてきたが、切った瞬間しまった!ヌルい!と思うことがかなり多い(1戦につき平均2~3回ぐらい)。これは単純に以前と同じレベルまで考えたところで切ってるから起こる現象なので、しっかりと一段深いところまで考えてから切れるようになれば多少は放銃を減らせるのではないかと思う。もちろん上記の各課題もまずこの部分が出来ないことには克服は難しい。ただこれも無意識にパターン化された思考過程を作り直すことになるので、当然ながら簡単にはいかないんだよね。一応対処法はわかってるんだけど…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kfz7m.blog111.fc2.com/tb.php/133-e529c9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。