六萬こう出るか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄板特上民に向けて

まずメンタル面。最近はミスを連発しての連ラスも確率の範囲内で当然起こりうるというスタンスなので、ミスやラスを次に引きずるようなことは無くなって来ている。浮かれ打ちと、断トツ、断ラス時に打ち方が雑にならないように注意するぐらいか。

データから見える部分はこの前やったので省略。

んでとりあえず今後に向けてだけど、まず降段という打ってつけの機会を得たので、戦術サイトを徹底的に読み直す等で基本の確認を図りたい。4445679の9は8が来ても2面子1雀頭になるので割と残すとか、こういう基本的な部分でもまだまだ見落しも多いので、成績が向上する余地は十分にあるはず。これと関連して小技も覚えていきたい。小技が役に立つのはせいぜい1000局に1局あるかないかで、そのうち順位に直接結びつくのは10回に1回ぐらいかもしれないが、自分が知らないものはまだまだ多いと思うので複数身に着ければ影響は結構出ると思う。

そして以前から再三問題になっている対ダマ、鳴き手に対する守備。これは相変わらずまったくわからん。わかってるのは明確な基準を設けて対応したほうがいいということぐらいか。例えば8巡目ぐらいに親の捨て牌がかなり怪しいと思ったとき、ダマで張ってるリスクを無視して危険牌を切って自分の手を進めるのか、より危険になったときにアンパイが尽きてるリスクを無視して中抜きでベタオリするのか、はたまたアンパイを持ちつつそこそこ安全そうな牌を切っていくのか。また自分の手がどのくらいなら危険牌を引いたときに押せるのか。例えば役無しで良形受け入れ8種のイーシャンテンならどうか。もしドラが1枚あったら?ドラドラならどうなのか。この辺を感覚ではなくきちんと計算して答えを求めていくことが必要だと思われる。

ただ努力が苦手な人間としてはそろそろ限界が見えてきた感じ。脳内を麻雀に最適化出来ればいいんだけどね~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kfz7m.blog111.fc2.com/tb.php/113-ed239651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。