六萬こう出るか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染め手に救われる?

2010033010gm-0061-0000-2152a284tw=2ts=4.jpg

前局親に振ってラス目で向かえたオーラス1本場にこんな配牌が来る。



2010033010gm-0061-0000-2152a284tw=2ts=4a.jpg

当然のようにこうなる。前もどこかで書いたけど、結構オーラスこんな感じでまくったりすることが多い気がする。本当に苦しい場面で染め手には何度もお世話になってる気がします。



自分は鳴きに関してはそこそこ自信もあるので、割と遠いところから強引に狙うことも多いです。例えばこんな仕掛け。

2010033015gm-0061-0000-8fa624fctw=0ts=4b.jpg

こんなのも日常茶飯事なわけです。自分の感覚だと無理気味に染めても3分の1は確実にアガれる。それに割と字牌持ってることも多いんで下手なクイタンなんかよりオリやすいというのもある。とにかく染め手は扱いやすくて好きなんで、これからもガンガン狙っていくことになりそうだな~。


ちなみにこの局はどうなったかというと…












2010033015gm-0061-0000-8fa624fctw=0ts=4.jpg


……。まぁ運でラスからトップになれるときもあればその逆もあるということなのかな…。ってか仕掛けうんぬんはおいといて、あの捨て牌に対して9pを止められる人がいるのか気になるわ。
スポンサーサイト

最近の牌譜からいくつか

まずはこれを見てほしい。

http://tenhou.net/0/?log=2010032915gm-0061-0000-de8f0f90&tw=0

南入していない普通の東風戦です。なんとか運で2位をもぎとったもののこの一戦だけで疲労困憊。勝負が長引くときってなんでこんなに疲れるんだろ。



2010032820gm-0061-0000-61d4a5bbtw=3ts=3.jpg

別の一戦。トップ目のラス親。1sがフリテンなのでとりあえず出アガリできる6s単騎に受ける。


2010032820gm-0061-0000-61d4a5bbtw=3ts=3a.jpg

直後に8mを2連続ツモ。思いっきり裏目る。



2010032820gm-0061-0000-61d4a5bbtw=3ts=3b.jpg

なぜツモれるしwwwww
ツキが来てるときは何やっても勝てる。これが麻雀なり。



2010032820gm-0061-0000-44335f3ftw=1ts=0a.jpg

また別の一戦。えーっと一通のときはその色が出れば確実に乗るぶん裏ドラ抽選がいつもより楽しいみたいなことを伝えようとしたけどなんか伝わりそうにないね。まぁリーチして一通アガれること自体が結構なレアケースだったりするわけですが。



2010032919gm-0061-0000-3eae79b9tw=3ts=6.jpg

またまた(ry 2着目とはいえ下とは非常に詰まっており誰にツモられてもほぼラスという厳しい状況にこの配牌。あなたならどうする?





2010032919gm-0061-0000-3eae79b9tw=3ts=6a.jpg

鉄板特上民に向けて

まずメンタル面。最近はミスを連発しての連ラスも確率の範囲内で当然起こりうるというスタンスなので、ミスやラスを次に引きずるようなことは無くなって来ている。浮かれ打ちと、断トツ、断ラス時に打ち方が雑にならないように注意するぐらいか。

データから見える部分はこの前やったので省略。

んでとりあえず今後に向けてだけど、まず降段という打ってつけの機会を得たので、戦術サイトを徹底的に読み直す等で基本の確認を図りたい。4445679の9は8が来ても2面子1雀頭になるので割と残すとか、こういう基本的な部分でもまだまだ見落しも多いので、成績が向上する余地は十分にあるはず。これと関連して小技も覚えていきたい。小技が役に立つのはせいぜい1000局に1局あるかないかで、そのうち順位に直接結びつくのは10回に1回ぐらいかもしれないが、自分が知らないものはまだまだ多いと思うので複数身に着ければ影響は結構出ると思う。

そして以前から再三問題になっている対ダマ、鳴き手に対する守備。これは相変わらずまったくわからん。わかってるのは明確な基準を設けて対応したほうがいいということぐらいか。例えば8巡目ぐらいに親の捨て牌がかなり怪しいと思ったとき、ダマで張ってるリスクを無視して危険牌を切って自分の手を進めるのか、より危険になったときにアンパイが尽きてるリスクを無視して中抜きでベタオリするのか、はたまたアンパイを持ちつつそこそこ安全そうな牌を切っていくのか。また自分の手がどのくらいなら危険牌を引いたときに押せるのか。例えば役無しで良形受け入れ8種のイーシャンテンならどうか。もしドラが1枚あったら?ドラドラならどうなのか。この辺を感覚ではなくきちんと計算して答えを求めていくことが必要だと思われる。

ただ努力が苦手な人間としてはそろそろ限界が見えてきた感じ。脳内を麻雀に最適化出来ればいいんだけどね~。

久々の五段原点復帰

tenhou_prof_20100327.jpg

と、いうわけで降段しますた。原点復帰と書きつつ原点割ってるのは降段後の初戦でオーラスラス目に満貫ツモられてあっさりラスったからです。降段自体は当然予想していたので特にショックとかは無いけど、六段在位286戦、期間中安定段4.27、期間中解析と昇降段シミュレーターはこんな感じ↓

100327tok.png  100327sim.jpg


というのはさすがにちょっと問題ですよね。局あたり全収支が-100弱とか勝てるわけないじゃんっていう。このままだと普通に特上チャオが見えるので、なんとか打ち方を変えなきゃとは思ってるんだけど…。

めくりあいはデスティニー

なんか最近印象的なめくりあいがやたら多いのでまとめて載せてみる。


2010032518gm-0061-0000-b784d8e8tw=2ts=6.jpg

自分が体験した中でも1位2位を争うほど綺麗な聴牌。なんとなく3色確定の北単騎に受ける。誰かが抑えてるかもしれんがまぁそのうち出るでしょ。


2010032518gm-0061-0000-b784d8e8tw=2ts=6a.jpg

上家からリーチが掛かる。一発目で引いてきたのは1枚切れの發。


2010032518gm-0061-0000-b784d8e8tw=2ts=6b.jpg

当然のように当たるw 北が山に全生きというのもお約束か。




2010032607gm-0061-0000-38abcb55tw=0ts=0.jpg

親の役無し両面。7sが3枚切れておりリーチするかどうか微妙。ただし、これは天鳳。天鳳といえば、そう、掴ませシステム。自分の経験からすると親から追っかけが入った場合先行リーチ者がドラをつかむ確率は120%。よってここは鉄リー!!!


2010032607gm-0061-0000-38abcb55tw=0ts=0a.jpg

システム乙。ってか本当に下家が4sつかみそうだと思って曲げたんだけど、こういう判断は長期的には絶対良くないよね…。ちなみにあの場面で聴牌しなければ南で痛恨のオリ打ちをしていた可能性が極めて高いですな。




2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3.jpg

完全に空気で迎えたオーラス。親の2000オールで席順ラスという苦しい局面。配牌は赤2枚でドラ引きにも対応できるが、仕掛けどころが難しくアガリは遠い。


2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3a.jpg

苦しい仕掛けからダブドラの5pも引きなんとかイーシャンテンまで漕ぎ着けたところで非情の親リー。


2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3b.jpg

しかし次巡、僥倖の2pツモ。当然4s切って全ツ。


2010032518gm-0061-0000-8a383ddbtw=2ts=3c.jpg

まぁたまにはこんなラッキーなトップがあってもいいでしょ。なんか自分の場合苦しい場面からの総まくりってリーチじゃなくて仕掛けた手のことが多い気がする。



2010032513gm-0061-0000-2870cb16tw=3ts=4.jpg

こちらはめくりあいを避けた場面だけど、さすがにこのオリは弱気すぎた。オリても2位が確保できそうだったり、満貫振るとラス、あるいは平場ならアンパイの数と相談して微妙な場面だけど、これは鉄押しだったわ。対面が数巡後西切り。この一戦は3着でした。




2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=0.jpg

2軒リーチが入った同順に聴牌。打点的にリーチしてもよさそうだけど、なんとなくダマに受ける。


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=0a.jpg

同巡に下家もリーチ。自分が引いたのはドラ8s。こんなんで当たったら目も当てられないので当然オリ。


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=0b.jpg

最後の9sは結構怪しかったけど、当たり牌を止めて聴牌崩してオリきるのって快感だったりする。まぁあそこでリーチしてりゃ四人リーチで出費は抑えられたんだけど、そんなことは割とどうでもいい。ただリーチしないならあの時点でオリに回るべきだったかもしれない。


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=4.jpg

上のと同じ一戦。カンドラモロ乗りで親っパネ確定手に対して下家がリーチ。このめくりあいは燃えるw


2010032519gm-0061-0000-612e76f3tw=2ts=4a.jpg

と思ったらあっさりツモ。ドラドラとはいえカンチャン待ちで向かってくる辺りが五段とか思うけど、オーラスではあっさりまくられたのでした。

わからないもんはわからん

相変わらず放銃がどうしても減らないということで、自分がどのような場面で放銃しているのか、例の記事以降の226戦での放銃を全て見直し、自分なりに分析してみようとした。とりあえず放銃を5段階評価した表を貼ってみる。


鉄放銃 まぁ当たる 微妙 超微妙 明確なミス 合計
リーチ 23 4 1 0 1 29
2フーロ以上 11 13 1 2 2 29
1フーロ 9 17 4 5 2 37
面前テンパイ 4 3 2 4 1 14
面前ノーテン 9 28 19 10 4 70
合計 56 65 27 21 10 179
4.3% 5.0% 2.1% 1.6% 0.8% 13.8%



鉄放銃は先制リーチ後の放銃、仮に対リーチであっても攻められる聴牌、イーシャンテンからの放銃、及び狙っての差込み。ここは自分の麻雀観や既存のセオリーが大きく変わらない限り避けられない放銃と見ていい。

まぁ当たるは警戒しずらい序巡のダマや1フーロ、ラス目からの仕方ない押し、最も安全そうな牌での降り打ち等。本当に巧い人なら避けられるかもしれないけど、自分が回避するのはほとんど無理っぽい。よって今回は無視。

ちょっと飛んで明確なミスでの放銃。ここも割とどうでもいい。リアルでも水を入れずに米だけ入れて炊飯器のスイッチを押すミスがこの前あったけど、こういう普段何気なく出来ている部分で起きるうっかりミスを完璧に避けるのは非常に難しい。よって無視でいい。ここまでの率にして10.1%の放銃は今の自分には避けられないものなので、とりあえず今回は考えないことにする。

問題は残りの微妙、あるいは超微妙な場面での放銃。ここは自分で明確な結論が出ていない。特に以前からの課題である中巡以降聴牌していない状態からの放銃への対処方法は実際に牌譜を見てもよくわからない。サブが特上で打てれば10巡目以降は全員3900聴牌として対応する実験とかも出来るがあまり現実的ではない。結局ここの放銃を防ぐにも勘を磨くとかの方法しかないんだろうか。6時間ぐらい掛けて牌譜見直した割にこの結論って…。

今月の分析

1000戦解析の記事の続きです。

えー、まず目に付くのは和了の少なさと和了素点の低さ。この2つは親和了.223という値で説明がつきます。
前回時727戦と今月273戦を比べると

親リーチ 727戦 .213 273戦 .133
親アガリ 727戦 .254 273戦 .213

子リーチ 727戦 .161 273戦 .159
子アガリ 727戦 .230 273戦 .226

若干オリ優先に変えたためリーチ率が多少下がるのはやむをえないわけですが、さすがにこの親リー率の爆下げはおかしい。相変わらず中巡カンチャンのみ手曲げが日常茶飯事にも関わらず.133ですよ。親のときの他の値を見ても、和了時ダマ率.080→.091、まぁ若干ダマで討ち取る傾向は見られるものの、リーチ率が大きく下がった理由としては弱い。そして子のときのリーチ率は大差ない。ということは、特に打ち方が変わったわけではなく、この273戦ひたすら親で手が入らなかった、そのせいで親のリーチ率、アガリ率が減り、結果トップがとれなかった…、と考えてもいいんじゃないかと思う。この辺はまだ結論が出そうも無いので、次の節目の解析まで様子見でもまぁいいのではないかと。

その他、放銃素点は100点ぐらい下がった。もちろんまだ高いけど、一応染め手への放銃は.089→.019と大幅に下がったので、ひとまず課題達成と見ていいかな。

放銃率が高すぎる件についてはまた次回。

追記 
好形テンパイ時リーチ率 727戦 .797 273戦 .788
愚形テンパイ時リーチ率 727戦 .568 273戦 .391
リーチ時好形率 727戦 .586 273戦 .542

愚形テンパイ時リーチ率が同じ水準ならリーチ率.160ぐらいにはなっていたかな?でもそれだと好形率は4割台確定か。まぁ手が入らなかったという結論は変わらないんじゃないかと。

久々の何切る?の結果

だいぶ時間が経ってしまいましたがこの記事の結果を一応書いておきます。


2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5a.jpg

1巡目に北を鳴いた場面。この時点で既にチャンタ本線。最終的にはドラ待ち裸単騎も考えていた。

そして問題の局面。
2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5.jpg


親が5mを切ったので36-47mが本命と考えていた。この場面で4mは少なくとも3割はあたると思う。ラス回避なら当然降りかもしれないが…、

2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5d.jpg

つい高まってw押してみた。さすがに自分の狙い通りにテンパって降りる気にはなれんね。


2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5c.jpg

結果は4mを対面が食い、続いて上家が切った7pも鳴いて1mが飛び出た。無事トップまくりましたわ。(*`ω´*)ドヤッ

pt効率的には間違ってるかもしれないけど、こういうのがアガれると快感を味わえるし、ネタ的にもおいしいんで押す価値はあるんじゃねぇの?というお話でした。

1.5倍のばらつき

せっかくなのでシミュレーターで遊んでみる。


100320sim1.jpg

上の結果によると、一応安定五段の実力でも1000戦も打てば2%ぐらいは確変で鳳凰までいけるらしい。対して特上チャオの確率は3%程度。さて、これがpt変動1.5倍の東南だとどうなるのってのが今回のテーマ。では早速結果を。


100320sim2.jpg

1.5倍どころではなく、七段昇段率は東風の3倍超。16人に1人ぐらいはただ打つだけで鳳凰まで行けそう、ということになります。ただ同じ試合数だと時間的には東南のほうが明らかに掛かるわけで、そりゃ確率も高くなって当然という感じもします。

ということで、半分の500戦ならどうか、というのが下の結果。

100320sim3.jpg

これでも東風1000戦の2倍ぐらいの値が出ています。たかが変動幅1.5倍とはいえ侮れません。

ついでに鳳凰卓でも同じように出してみました。


100320sim4.jpg  100320sim5.jpg  100320sim6.jpg  

確変だけで安定段より2つ上の段位を目指すなら、東南のほうが明らかに有利と言えそうです。鳳凰卓で東南支持者が増えたのも、もしかしたらこの辺に理由の一端があるのかもしれませんね。

特東1000戦

節目ということで解析結果を貼っておきます。

100319tok.png 100320tok.png

左が1000戦、右が復帰後273戦です。過去のデータはこちら


詳しい分析は後日に回すとして、あっさり降段すると仮定してこの記事の場面以降の成績でシミュレーションしてみた結果を貼ってみる。

100319sim.jpg



三段降段率21%。六段昇段後、ラス回避を強く意識しだしてからはこのまま打ち続ければ鉄板特上民になれると確信していたんだけど、ちょっと雲行きが怪しくなってまいりました。打ち方を意識的に変えないといけないみたいだな~。

幸先は良かったが

登録してもらって最初の一戦。
2010031714gm-0061-0000-efb8cb12tw=2ts=0.jpg

東パツから何かのごほうびのようなアガリ。


2010031714gm-0061-0000-efb8cb12tw=2ts=5.jpg

しかしオーラスであっさりまくられトップは取れず。


2010031714gm-0061-0000-efb8cb12tw=2ts=3.jpg  牌譜

その前、東三局のこの放銃がヌルすぎましたな。降りたい、ソウズは切られてないから危ない、マンズはドラ絡みが怖くて切れない、じゃぁピンズ切ろうでズドン。ラス回避意識しだしてからこういう中途半端な放銃が急増してる件。押す場面が減って放銃率は横ばいじゃそりゃ成績は上がらんわな~。



別の一戦

2010031411gm-0061-0000-70155aa9tw=0ts=3.jpg  牌譜

まくりが確定しているほうに受けるという基本に則って8s切りにしたけど、これはどう見ても2s切りでしたな。枚数と出やすさにかなりの差があるし、まくれないのは上家からの出アガリで一発、裏が乗らなかったときだけ。両面の確定形に受けないほうが明らかに勝っているという場合もあるのね。こういうミスはきちんと次に活かしたいものです。

反応せずにはいられないな

なんか音無さんのブログで紹介されてたみたいで。(なんか修正されたっぽい)

この前の記事では不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ない、って文を書くことも可能だけど、あんまり申し訳ないとも思ってないんだよね~。まぁこの辺がニート暦ウン年に達しようかという自分のダメさか。

なんか昔から頭の中にある考えを文章に出力することは基本的に苦手なのに相手への不満となると思ったことがガンガン書けちゃうのよね。前にもこれでケンカ別れみたいなことがあったんだけど、もうあれから4年ぐらいか?これは一種の習性みたいなものなので自分でもあきらめてるんで、どうしようもないのです。


それはさておき、この6時間で20ヒットか…。既に先月1か月分のユニークアクセス数を稼ぎ出してるのね。さすがにすごい影響力だな~。これから連日100ヒット超に耐えられるだけの文を書けるとは思えないけど、まぁ自分から見て微妙なブログも登録されてるわけだし、なんとかやっていけないこともないか?まぁ絶対無理とか思ってたらそもそも登録申請してないだろうけどね。とりあえずそんなところで。

公開しますた

と、いうことで昇降段シミュレーターお試し版、意外と早く完成したので公開しました。こんな簡単に出来るなんて思って無かったわ。天鳳の段位制度が割と単純ってことなのかもしれん。ただこのシミュレーターはまだ結構怪しい部分も多いです。

100317sim1.jpg   100317sim2.jpg

これは自分のデータを入れたものですが、一旦降段したほうが七段に近い?本当に?計算があってるかどうかのさらなる検証が必要なような…。

もしシミュレーターの結果で明らかに不自然な数値が出た場合にはコメントしてもらえるとありがたいです。

昇降段シミュレーター





警告:お使いのパソコンに著しい負荷が掛かる場合があります。天鳳プレイ中にシミュレーターを動かして回線切れ等の障害が発生しても、当ブログは一切責任を負いません。


使い方等

現在の段位、ptからn試合後の昇段率、降段率を算出します。まずそれぞれのデータを半角数字で入力してください。
試行試合数は何戦後の確率を求めるか、という意味です。まだお試し版なので1000以上の数字を入れた場合、自動的に1000試合後として計算します。1位率~4位率は順位率、試合数のどちらにも対応していますが、順位率の場合整数(.250なら250)で入れたほうがなんとなく誤作動が少ない気がします。

数字を入れ終わったら特上/鳳凰、東風/東南を選択してスタートを押してください。

1万回ぐらい試行すればそこそこ信頼できる値が出ると思います。なお、結果はあくまでn戦後までの昇段率、降段率であり、n戦後の段位を示しているわけではないので注意してください。

足踏み

今朝の時点で特東966戦。明日にも1000戦に達しそうな状態。ただ1000戦の記事は月刊ネットマージャン登録後に書こうと思っていたので、いつ登録されるか不透明な今鬼打ちする気にはなれず、しょうがないので一昨日から天鳳のペースを遅らせ、保存期間中に出来なかったプログラムのその3に取り掛かってます。

まぁこれもいずれは当ブログに載せる予定だったので、ここで進める口実が出来たのは僥倖と言えるかもしれん。ゆっくりじっくり行きましょ。

月刊ネットなんとか

1日0.5hitの生活にもそろそろ飽きてきたんで思い切って登録申請したのが数日前。全然反応が無いんですが、これって雑魚は相手にしないってこと?音無さんのブログは更新されてるし、時間が無いってことはないよね?やっぱ世の中コネってことになるのか…。一応届いていない可能性もあるので今日また送ってみたけどどうなることやら。



ところで、昨日からスランプ気味だわ。
100314tok.png

一応昨日のデータね。数字は悪くないんだけど、-220ptで済んだのが奇跡と思えるほどのダメっぷりだった。なんか点差はわかってるし今取るべき手段も頭にはあるんだけど、他家のリーチとか自分のツモに全然対応できない。やることがわかってるはずなのに何故か中途半端に打ってしまう。2フーロイーシャンテンで攻めたい場面から普通にペンチャン落として次巡思いっきり裏目の3mツモとかどんだけ打ち方崩れてんのよ。そろそろ五段が見えてきたかな~。

六段の目線

まだ復帰して10日あまり、200戦しか打ってない状況だけど、以前とはだいぶ考え方が違ってきた気がする。
まず大きいのは自分の打ち方に自信が持てるようになったってことかな。とりあえず今の打ち方を続ければ特上からチャオることはまず無い、と思う。ちょっとやそっとの地獄でも五段500ptぐらいでは耐えられる気がしなくも無い。相変わらずふらふらしてはいるけど、完成に近づいてるのは間違いないはず。

んでその打ち方だけど、今までとの違いは東パツからラス回避だけを考えて打つようになったことですかね。前とは東三局までの点差の意識が明らかに変わった。ただこの辺りは成績にかなり直結しそうに思えるんだけど、相変わらずラス率は.240前後でいまにも降段しそうな勢いなのよね~。ラス回避を意識してトップが取れなくなるのはよく聞く話だけど、それでラスが増えるってことも普通にありえるんだろうか。まぁでも納得して打ててるから問題はないと思いたい。

そしてついでに、というかこっちが本題なんだけど、最近まわりがみんな雑魚に見えるんだよね。主に四~五段、特に四段R1800台は鉄雑魚に見えてしまう。そんな位置から攻めるとか無茶すぎるwwwww四段wwwうはwwwwうぇっとか思いつつオーラスでツモられてこっちがラス引いたりする。これが六段R2000↑だとやっぱオリですよね~wとか思うことが多い。いつの間にか鉄板特上民の打ち筋が身についてたってことでいいのかな~。

久々の何切る?

2010031112gm-0061-0000-31ef8eb7tw=2ts=5.jpg

押すべきか引くべきか、それが問題だ。もし見てくれてる人がいたら、意見をもらえると自分は喜びますw
まぁでもそもそもこんなアグレッシブな仕掛けをする人はあんまりいないかな…。

最近の牌譜からいくつか

2010030907gm-0061-0000-83fe2d35tw=2ts=2.jpg

何気ない局面。この対面の4pで下家がロン。これでラス目の親で東3か~。次アガらないと厳しいな~とか思ってたら…




2010030907gm-0061-0000-83fe2d35tw=2ts=2v.jpg  牌譜

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三  
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



天鳳で見たのは多分初めて。うちの親が昔AI麻雀でアガってたのを見た以来かな?下家のご冥f(ry
ってかこのテンプレートAAズレすぎ…。






2010030914gm-0061-0000-bc4e33b0tw=1ts=4.jpg   2010030914gm-0061-0000-bc4e33b0tw=1ts=4a.jpg  牌譜

別の一戦。対面の親がいやらしいため、とにかく下家にアシストしようと危険牌を切りまくり、無事差し込みに成功した場面。満貫振っても大丈夫なことは計算したつもりでも、やっぱりドラアンコがあるとビビるw




2010031011gm-0061-0000-1607bf8etw=0ts=8.jpg  牌譜

また別の一戦。特上では多分初めてのラス確。対面からの直撃が不可能になったからまぁいいかと思ってアガっちゃったけど、この点差なら親もテンパってて流局続行も無いとも言い切れないか。相変わらずヌルい。しっかしこういうときだけ裏乗るんだもんな~。

トップ目の親の押し引き?

2010030816gm-0061-0000-6ed51ff0tw=2ts=3.jpg

そろそろ4m危なくなると思って切ったらダマ満貫に刺さる。守備を意識しても放銃率が下がらないのはこういうのが影響しているはず。東ポン、6mチーで高め満貫しか見えてないからこうなる。そもそも昨日の考えからすればこんなのベタ降りでいい気もするんだよな~。まぁ4m切りは悪手としてもここで攻めるかどうかは結構微妙ですかね。


昨日はこんな感じの冴えない展開の連続にひたすら耐えてた印象だったんだけど

100309tok.png

なんか普通に大勝ちだったw さすがにこんだけリーチでアガってたら勝てるわなそりゃ。

親不孝

2010030518gm-0061-0000-322d0bf1tw=3ts=5.jpg  牌譜


さすがにこれは順位こそ変わらないものの次局ラス目の満貫ツモ、横に倍満放銃でも耐えられるし上位がかなり狙えるためアガる。でもこれがドラが無いのみ手だったら、というかそもそもこういう場面でのみ手は狙う意味無いと最近は思うようになった。

親のときは安手でいいからとにかくアガって連荘するって考え方があって、自分も天鳳を始めた頃はそう思ってたんだけど、そんなに親のアガリに価値があると思えなくなってきたんだよね~。そもそも子の安アガリは点数よりも局を進めることの有利さが大きいわけで、アガっても局を進められない親が安手を狙う意味がどれほどあるのか結構疑問なのよね。この辺突き詰めれば結構成績につながりそうなんだけどな~。

復帰100戦

tenhou_prof_20100307.jpg  100307tok.png

ラス回避のつもりが3位回避になってた件。おかげで当然ながらpt、Rとも激減。つい2日前はあんなに浮かれてたのにね~。

解析を見てみるととにかく放銃率が高いですね。なんか割と降り打ちが多い気がするんだよな~。スジやワンチャンスでリーチに放銃したのが昨日今日で10回ぐらいはあるはず。やっぱり常にアンパイを持つように意識すべきか。まぁ打ち方を見直すのは四段に落ちてからでも十分だとは思ってるんだけどね。その他の数値は特に問題なし。本格的な分析には500戦は無いとね。


昨日の牌譜から

2010030615gm-0061-0000-7974e112tw=0ts=4.jpg

これアガった局面でENDが出て普通に驚いたわw
ツモ2符+北アンコ8符+役牌アタマ2符で切り上げ40符。ツモだから2600じゃなくて2700。そして一本場を加えて3000点か。打ってる最中に気づけるようにならなきゃな~。

乖離

最近は実力を発揮できる展開が少ないな~。おかげでRが…


tenhou_prof_20100304a.jpg


2040だっておwww

ちなみにこの後もうすぐ2050と思った瞬間連ラス等できっちり下げたんで、もうこの位置に戻すのは非常に困難だと思う。ってか本当に一昨日のいけると思った瞬間昇段ってのはどうかしてるわ…。

実にあっさりと

tenhou_prof_20100303.jpg
20100303s.jpg   20100303s2.jpg   20100303s3.jpg

月に一度来るか来ないかレベルの確変を引き当て一気に六段昇段。ほんとあっさりすぎて怖いわ…。ついでにRも自己最高を更新。実力+100ぐらいは出てるんじゃないのかこれ。

しかし振り返ればまぁようやくこの位置まで来れたって感じですかね。やっぱり鉄板特上民を目指すものにとって六段は憧れですから。天鳳の真髄である無限ラス回避地獄を本格的に体感できるのが六段。ここを切り抜けられるかどうかで鳳凰民としてネタにされる存在となるか、あるいは安定特上民としてぬるぬるやっていくかが決まると。そして自分が次に目指すのはもちろん七段ではなく五段。五段~六段エレベーターは鉄板特上民の証!(キリッ
 
まぁここまで来ると一発またデカイのが来れば…という気もしてきちゃうんだけどね。

打ってみての感想

たまたま幸運に恵まれてまたR2000復帰したけど、とにかく思ったのはこんなふらふらした打ち方をしてるうちは勝てないってことだね~。特上下位、四段~五段エレベーターならこれでいいのかもしれないけど、少なくとも鳳凰や七段を目指すとか口に出来るような実力は自分には全く無い。

が、逆に自分の打ち方はまだ全然収束してないということもわかった。こんだけ伸びしろがあるってことは努力すれば八段ぐらいは見える気がする。まぁ目指そうとは思わないけど。


昨日の牌譜から
2010030219gm-0061-0000-10b681b2tw=0ts=9.jpg

ラス回避ウマー。ああ、四段はまだまだ青いな…とか思ったり思わなかったり。

自分用打ち方メモ

リーチ判断
愚形のみ手は出来るだけ避ける。愚形を嫌って連続系を残したり、とにかく良形、またはドラ含み聴牌等を目指す。

食い仕掛け
無理にスピードアップを目指さない。アガれそうなものだけを狙う。結局それが守備にもつながるはず。

押し引き
対リーチに関しては問題ない。気をつけるべきなのは鳴き手、特に染めっぽい手、およびダマ気配。すでに2フーロ聴牌とかならともかく、中盤以降面前2シャンテンとかのときは常に気を配るべき。

メンタル面等
自分にとって危ないのは
萎え打ち>>>>>>浮かれ打ち>>>よそ見打ち>>>>キレ打ち

萎え打ちは何やっても勝てないと思いながら打つこと。この状態になると本当に勝てないので気づき次第打つのを止めるべき。
浮かれ打ちはバカヅキ等で何やっても勝てそうと思いながら打つこと。この場合結構勝てるが打ち方が崩れていることが多く反動が大きい。
よそ見打ちは集中力が切れ、主に他のサイトをチラ見しながら打つこと。出現率は低くそれほど順位への影響も高くないが、この場合結果が気にならなくなるため割とダラダラ打ってしまうことが多く、その点は注意が必要。
最後のキレ打ちだけど、自分の場合はこれで大失敗した記憶はあまり無い。不ヅキに対してはキレるより萎えることのほうが圧倒的に多い。情熱が足りないってことかな…。ただキレ予約→萎え打ちは非常に多いパターンなので、そこは気をつけないといけない。

天鳳の地獄モードが避けられないのと同じく精神が上記のモードに入るのを避けるのは現時点では無理なので、とにかく入ったのを確認し次第対策をとることが求められる。とにかく楽しんで打ちたいとは常に思ってるんだけどね~。

保存期間終了

天鳳の本垢保存期間が終わりました。とりあえず明日から課金して鬼打ちする予定です。

えー、この期間でやりたかったことの進み具合をまとめておきます。中間経過等はカテゴリ雑記から見れます。昨日の午後が津波ウォッチで潰れたのが結構痛い…。

サブ特上入り 40%
二段まではすんなり来たけど、その後は上卓民のあまりの強さに圧倒された次第。こりゃダメだということで、今月からはおとなしく特上に避難します。まぁこっちもどうなるかわからんけど。

ドラクエ6DS 95%
裏ダン途中まで。ちょっとメタキンにこだわりすぎた気はしてる。明日にはドレアム倒せるかな?

ブログの宣伝 0%
ドラクエ6関連で多少ググッてたどり着く人がいるかと思ったけど、これまで確認できたのは1人か。需要は多少あっても競争率高くちゃ意味ないよな~。そして同じことは天鳳関連という点でも言えると。独自性を打ち出せない以上宣伝しても意味無い気はしてる。

掃除関連
自室 50% ダンボールに詰め込んで終了。根本的解決には至らず。
録画関連 95% 自室の掃除と関連して一部手をつけてない部分はあるが、HDD内のデータ入れ替え等主だった部分は終了。
PC内 0% ここに手がつけられなかったのは痛いな~。ファイルの整理だけでも出来れば良かったんだけど。

ブラウザゲーム等 50%
途中から大きく優先度が下がり、結局中間時と変わらず。まぁ急いでやるもんでもないので、これからも細々と続けていく予定です。

その他プログラム等 
その1 80% TABLE化、考察等の結構面倒くさいところが丸々残ってる。
その2 95% 本体は完成。アップロード方法の検討中。
その3 0% 自分の今後を左右するほどの巨大プロジェクトだったが結局手をつけることが出来ず。まぁそのうち…とか言って先延ばししたくはなかったんだけど…。

えーっと達成度は半分ぐらいか。時間はともかくやる気を考えると妥当なレベルですかね。複数のやりたいことを期間内に全て終わらせる、なんてそもそも自分には無理だしな。サブ特上をあきらめた代わりにその他その2が終わったということでそこそこ満足してます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。